bitFlyer Lightning & ビットバンクトレード

bitFlyer Lightning ビットバンクトレード

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

bitFlyer Lightning

ビットバンクトレード

ビットバンクトレード


クリック先で、Lightning FX (ライトニング FX) と bitFlyer の違いが分かる!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットコイン先物

2017年12月18日から、金属、農産品や日経平均株価など株価指数の先物取引で知られ、先物で世界最大手のシカゴ・マーカンタイル取引所(CME)がビットコイン先物を扱いました。


ビットコイン取引に大口の機関投資家が参入するとの思惑から買いが入り、値上がりが加速しました。

 

日本では、ビットコイン・アルトコイン取引所のビットバンクトレードと、bitFlyer(ビットフライヤー)のbitFlyer LightningのLightning FX/Futures の「Lightning Futures」ビットコイン先物を取引できます。

外国為替証拠金取引(FX)とビットコイン先物取引の違い

国内FX事業社(A社) ビットバンクトレード bitFlyer
形態 外国為替(FX)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

【Lightning Futures】

ビットフライヤー

ビットバンクトレード

【BTC FX(Future Exchange)】

ビットバンクトレード

取引通貨ペア ドル円,ユーロドル 等 BTC/JPY(ビットコイン・円) BTC/USD(ビットコイン・ドル)
レバレッジ 最大 25倍 最大 15 倍 平時10-15倍

価格変動に応じ、多少の前後あり

一日の平均ボラティリティ 90pips 600pips以上

一日で30ドル(3000pips)動くことも

600pips以上

一日で30ドル(3000pips)動くことも

取引時間 5営業日(260日/年) 24時間365日 24時間365日
追証 証拠金維持率が30%を下回ると発生 あり

証拠金維持率が 80% を下回った場合、追証ルールが適用。ただし、相場が急激に変動した場合には、ロスカットルールが適用され、証拠金の額を上回る損失が生じることもある。

なし

ただし、維持率が20%を下回ると強制的にロスカット(決済注文)が発動

口座開設までの時間 約1週間 2分

メールアドレスと携帯のSMS認証のみ
3 倍超のレバレッジ取引をするには、銀行情報口座確認が必要。

2分

メールアドレスと携帯のSMS認証のみ

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

bitFlyer Lightning

ビットバンクトレード

ビットバンクトレード

証拠金取引とは?

レバレッジ

仮想通貨(暗号通貨)で証拠金取引が出来る仮想通貨取引所もあります。

 

証拠金取引とは、自分の資金以上の取引ができる取引方法です。

 

具体的には、自分の資産を証拠金として取引所から資金を借りて取引をすることです。

 

レバレッジをかければ少額の資金でも運用できる資金を大幅に増やすことが可能です。

 

たとえば、レバレッジ5倍の取引所で資産10万円で証拠金取引をすれば50万円の資金を運用出来ます。

 

ただし、損失も大きくなりがちなので、損切りをちゃんと行うなど、リターン&リスクの管理はレバレッジのない現物取引より重要になります。

 

ビットコインなどの仮想通貨の証拠金取引には信用取引と先物取引とFXの3種類があります。

 

倍率や細かなルールが異なります。

 

自分が使う取引所のルールはあらかじめ把握しましょう!

 

また、証拠金取引に対応していない取引所もあります。

 

当サイトでは主に先物取引を取引できる取引所を比較、紹介します。


証拠金取引のメリット、デメリット

ハイリスク、ハイリターンを理解して活用を!

 

レバレッジ「買い」からエントリーの時。(「売り」からは、この逆。

メリット デメリット

証拠金

証拠金

レバレッジが2倍なら、2倍の速度で利益を得られる! レバレッジが2倍なら、2倍の速度で損失が増える。

 

証拠金取引は、大きなリターンを得ようとすると、同じだけのリスクを抱えることになります。

 

調子に乗って高い倍率で取引すると一気に損失を出してしまいかねないので、注意する必要があります。

証拠金

  • 一時的な下落(上昇)で強制ロスカットが執行される可能性も有り。
  • 一時的な下落(上昇)に耐えられるように資金調整も必要。

 

とくに証拠金取引の場合、勝ち続けたり負け続けたりすると熱くなり、高倍率で勝負をしてしまう傾向があるのでより注意する必要があります。

 

高すぎるレパレッジは危険。

最大で資金の25倍の取引ができる証拠金取引だですが、倍率を上げすぎると、ちょっとした下落(上昇)でも大きな損失を生み出してしまいます。

 

倍率は資金量にもよりますが、欲張りすぎず2~3倍程度に抑えておくのが妥当かと思います。

 

この倍率でも、通常よりもはるかに利益は高くなります。

 

ロスカットルール

ロスカットルールとは一定の証拠金維持率を割ったら強制的に決済が行われるルールです。

 

たとえば、レバレッジ5倍で100万円を運用したい場合は、20万円が必要になります。

 

つまり、20万円ある状態が証拠金維持率100%です。

 

もしビットコインが買いからエントリーして下落(売りからエントリーで「上昇」)し、含み損により10万円減ったとすると、証拠金は10万円になり、証拠金維持率が50%です。

 

のとき口スカット率が50%に設定されている場合は、強制的に決済されてしまいます。

 

つまりその時点で損失が確定します。。

 

ロスカット率は取引所によって異なりますが、証拠金が下回らないように、ロスカット率が低いほど良いかというと、そういうわけでもありません。

 

ロスカット率が高ければ、大きな痛手を負う前に強制的に「損切り」してくれるというメリッ
トもあるからです。

 

ロスカット率が低いということは、それだけ大きな損失を出してしまう可能性があります。

 

リスクとリターンのバランスを考えて取引所を選びたいところですね。

追証

取引所によっては追証ルールが設定されています。

 

ロスカットよりも上に設定されており、追証の証拠金維持率に達したら、約定していない新規注文がキャンセルされ、資金の追加を行うまで新規注文ができなくなるというルールです。

 

これを無視してロスカットまで行くと全決済されることになります。

 

基本的には、追証が必要になった時点で対処を考えましょう。

 

ちなみに、仮想通貨の取引場ではないのですが、海外のFX業者のiForexでは、追証なしでロスカット水準0%でフルレバレッジの400倍でFXをトレード出来ます。(国内、海外FXの中でロスカット水準0%iForex~アイフォレックスのみ

 

追証なしということは、借金をする心配がないということです。

 

なぜなら、リーマンショック、東日本大震災、スイスフランショック級の何らかの相場の大変動時にサーバーがロスカットに追いつかず、サーバーが故障して取引不能の間に手持ちの仮想通貨が暴落すれば人生を破滅させてしまうような借金が出来上がりということもあり得ます。

 

 

ビットコインでも追証なしのbitbankなどの仮想通貨取引所もありますし、海外FXでも、追証なしのゼロリセットと呼ばれるルールが適用され、ビットコインとUSDなどの外貨とFXが可能なXM社やBigBoss社が存在します。)2018年3月上旬現在、取引停止中。)

bitFlyer Lightning & ビットバンクトレード

bitFlyer Lightning ビットバンクトレード

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

bitFlyer Lightning

ビットバンクトレード

ビットバンクトレード